止水性能ナンバー1 「板状タイプ非加硫ブチルゴム止水板」 でも施工が難しい・・・

記事のポイント

  • 板状+非加硫ブチルゴムによる高い止水性
  • 板状タイプは施工が難しい
  • 施工性の向上が止水性確保の要

各種コンクリート打継部止水板で、最も止水性が高いとされているのが板状タイプの非加硫ブチルゴム止水板です。弊社製品でいうと「リステンプレート」がそれに該当します。

同じ板状タイプの塩ビ系や、非粘着のゴム系のように水道(みずみち)を板物で遮るだけでなく、粘着性の非加硫ブチルゴムがコンクリートに強力に接着していくため止水性がさらに向上します。

 

板状タイプ止水板の止水効果(水道を遮る)+非加硫ブチルゴムの接着力=止水性能ナンバー1

 

しかし板状タイプ止水板は全体的に施工が難しいため、リステンプレートにおいても施工不良によりその止水効果が期待できない事が多いのも事実です。特に多いトラブルとして、差し込み時に下の鉄筋が邪魔をして差し込めない、ジョイント部が外れてしまう、などがあります。

これらのトラブルを解消し、板状タイプ非加硫ブチルゴム止水板の強力な止水性能を発揮していただくためにお勧めしたいのが「リステンプレート結束線付」です。結束線が付くことで、差し込み位置に合わせて予め止水板を設置しておけるので、差し込み作業が不要です。そのため、コンクリート打設時に止水板が浮かないよう打設量の調整ができたり、鉄筋が邪魔をする箇所はリステンプレートを半分程度カットすることで鉄筋をリステンプレートに通しておくことが出来ます。(※カットして鉄筋を通した箇所はリステンボンドUS-3000で補修してください。)

また、差し込み時に大きく動くことで起こるジョイント部の外れも予防できます。

 

施工イメージを簡単なイラストにした動画です。よろしければ参考にして下さい。

また、板状タイプ止水板は施工タイミングによって施工性が相当に異なってきますので、その点はご注意ください。鉄筋がなるべく少ない時に施工できるよう調整をお願いします。

弊社各製品は下記アドレスよりご確認いただけます。https://www.risuten.com/product/uchitsugibu/index.html

コンクリート打継部止水板 ―ベントナイト編― メリット・デメリット

メリット

  • 細かい空間にまで入り込んでの止水が可能
  • 放射性物質などの有害物質のシールド効果

デメリット

  • 高水圧に弱い

天然鉱物であるベントナイトは、水を吸収してゲル状に膨潤する性質があります。ベントナイトの結晶間に水を取り込む形で吸収するため、ベントナイト内を流れようとする水流を急減させる機能があり、その機能により止水効果を発揮します。また、ゲル状となって広がるため、他の止水板素材では充填できない微細空間へも入り込める特徴があります。

止水効果とは別に、ベントナイトは有害物質のシールド効果が認められている素材でもあります。例えば放射性物質の貯蔵施設などでは、ベントナイトが止水材および放射性物質のシールド材として使われています。放射性物質が結晶間を通る際に、陽イオン交換が起こることでベントナイトが放射性物質を強く吸着し、放射性物質の流出を防ぎます。

放射性物質の貯蔵施設で使われるなど、高いシールド効果を認められているベントナイトですが、もちろんデメリット(欠陥?)も存在します。それは「水圧に弱い」という、地下部の止水材としては特に重大な欠陥とも言えるデメリットです。地下部のような高い水圧を受けると、ベントナイト内の水流減少機能が著しく低下します。つまり漏水が起こりやすい状態となります。

結論として、これはあくまでも弊社見解ではありますが、ベントナイトは水圧に強い他の素材の補助材として、他の素材では埋められないような微細空間充填材として使うのが良いと考えます。

弊社各製品は下記アドレスよりご確認いただけます。https://www.risuten.com/product/uchitsugibu/index.html

コンクリート打継部止水板 ―水膨張ゴム編― メリット・デメリット

メリット

  • 水圧に強い
  • 施工が比較的簡易(後付けタイプ)

デメリット

  • 膨張によりコンクリートを破損させてしまう事も

水膨張ゴムは、圧力の高い地下水に対抗する膨張圧力を発生できるため、地下部のコンクリート打ち継ぎ部止水板として広く使われている素材です。

他の止水板素材(塩ビ、ベントナイトなど)と比べて、水圧に強いことが水膨張ゴムの一番の特徴です。塩ビ製止水板では板状にする事で、止水素材とコンクリートの接触面を長くし、水圧に対抗しています。水膨張ゴムは、それ自体が水圧に強いため、ロープ状の後付けタイプ止水板に多く採用されています。後付けタイプのため、施工も比較的簡易となっています。

水膨張ゴムと同じくベントナイトも水により膨らむ素材ですが、ベントナイトの水反応は、そのままの形状では膨らまず、ゲル状となって膨らむ水膨潤となります。詳しくは次回のベントナイト編に記しますが、水膨張ゴムとベントナイト、それぞれの素材で止水に対しての有効機能が異なっています。繰り返しになりますが、水圧に強いことが水膨張ゴムの特徴です。

ここからはデメリットとなりますが、水膨張ゴム止水板の使用には大きな注意点があります。水圧に対抗するための膨張性が、コンクリート自体を割ってしまう可能性です。このような事態を引き起こすと、もちろん止水性は皆無となりますし、それ以上に構造体の欠損という重大アクシデントとなってしまいます。

そのような重大アクシデントを回避するため、メーカ各社は膨張率を上げ過ぎないようにしたり(多くは2倍以内)、クッションの役目として柔軟素材を組み合わせたりしています。また、止水板設置に必要なコンクリート被りを必ず定めています。弊社の水膨張ゴム止水板(リステンロープM、リステンシールB)は、柔軟素材との組み合わせによりコンクリート被りが比較的小さくても施工できる設計となっていますが、水膨張ゴム止水板を採用する際は、必ずメーカー各社の定めるコンクリート被りを確認するようにしてください。

 

 

 

 

弊社各製品は下記アドレスよりご確認いただけます。https://www.risuten.com/product/uchitsugibu/index.html